ラジオショッピングで何か買ったことはありますか?

今年もそろそろ、せちの予約は終盤に入ります。ラジオのショッピングCMでもおせちの紹介が多くなります。
私の家では毎年ラジオ通販で紹介されたおせちをネットで注文します。

芸能人が宣伝しているおせちは、中身はあまり変わらないような気がします。だから、おせち以外の特典で差別化をしようとしています。

「ラジオ広告」と聞いた時、どんなイメージを持っていますか?ラジオ放送を聞いているときに、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよね。

民放のAMやFMでは、番組を聴いているとその合間にはテレビと同様にCMが流れていますよね。

またラジオ広告にはもう一つ、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。

ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「今年の人気の商品は○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」などと紹介しています。

時にはスポンサー企業の担当者へのインタビューもあったりと、訴求性の高くなるような内容になっています。

ラジオショッピングにおいて、メディアの性質上、TV通販の映像やカタログなどの印刷物と違って、商品を目で見ることができません。

ですので、通販企業の評判や信頼性を確認することが重要です。

我が家ではめったにエアコンはつけませんが、気温・湿度とも高い日となると、つけるしかないですよね。

しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。

ラジオショッピングで紹介していたエアコンは、最新型のエアコンになるほど省エネだそうで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。

ラジオショッピングで紹介していたエアコンに買い替えようか検討中です。

通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングとくらべ、リスナーも「直接見て注文したのではないからイメージとちがうことはある」と納得しているためか、商品が到着した時に、「思っていたものとちがう」などといったトラブルは少なくテレビとくらべ返品も大幅に少ないといわれています。
ラジオショッピング運営企業も、テレビ放送よりとっても少額の予算ではじめられる値打ちがあることから、大企業から中小企業までスポンサー通販にさん有しています。

毎年、年末年始をハワイで過ごす人も多いのではないでしょうか?今は海外旅行もリーズナブルになったとはいえ、お正月期間は安くはないですね。

近頃はグアムにしても韓国にしても、日本語だけでもまあ大丈夫です。それでもやっぱり病気になったりしたら、難しいですよね。そんなときに役立つのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻所以機なんです!ラジオショッピングの特徴としては、ラジオ局自身またはグループ企業によって行なわれるラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、相対的にどの局も手広く扱っています。

たとえば、パソコンやデジタルカメラ、加湿器、エアコンなど大小電化製品から貴金属や産地直送品、仏壇からお手洗いのリフォーム請負までもあったりします。そんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。通信販売という業態は、小売業態の内の無店舗販売の一つです。

販売店舗ではなく、メディアをとおして品物を通信手段で注文をうけることです。

ネット端末の普及によって通信販売の意味は、ウェブホームページによるものを指すことがあります。
現時点で通信販売を行っているのは、カタログ販売専門のような無店舗業者だけでなく多種多様です。ラジオショッピングは古くから流れている通信販売の一つの方法です。

オススメ商品として、番組のパーソナリティなどによって行なわれます。ラジオショッピングでの商品の紹介にかける時間はごくわずかです。
ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方により商品の印象が左右されてしまうこともあります。ですのでラジオ通販においては、商品を確認して買いたい人には不向きです。

そうであるとしても、利用者の中には、お気にいりのパーソナリティが紹介した商品を買う人は多いでしょう。現在ではネットの通販やテレビ通販で、色々な商品を買う人が増えてきています。その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。ラジオを聞く機会が少なくなったかもしれませんが、通販好きな人なら、ラジオ通販を聴いてみるといいですよ。

ラジオショッピングなら聴いているだけなので、簡潔に分かり易く商品の使い心地を説明してくれます。

ダイレクトに魅力が伝わり、欲しいものが見つかりやすいです。
通勤や通学のちょっとした時間を使って買い物ができてしまうわけですから、効率的に買い物ができます。

そもそもラジオショッピングは、ラジオ放送をメディアとして放送されるショッピング番組で、販売を目的としたものです。
日本の場合は、民放ラジオ番組の中に挿入されたり、ショッピング番組として別に放送されています。このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが1973年(昭和43年)の放送が初まりです。当初のラジオショッピングは、ラジオ局またはグループ企業により流されるラジオショッピングが主流でしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、近年においては、いわゆる「スポンサー通販」が多くなってきています。
ラジオショッピングというものは、ラジオ局またはグループ企業が行うものと外部の通販会社などが、自社製品を販売するスポンサー通販に分かれます。

日本の民間ラジオ局の多くは、ネットワーク組織に属していて放送網が成り立っています。AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の全民放放送が参加している全国FM連合があります。だけども、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合は他のネットワークより、同ネットワークとしての関係は密な関係ではありません。
情報の交換に番組の一部販売、共同キャンペーンを不定期で実施しているだけとなります。はぴねすくらぶラジオショッピング@FM横浜で紹介されてたあの商品をチェック!